LOVE IS 日々

医療に関係する様々な情報を公開していきます!

護師の資格保有者は50万人にも上り、毎年1万人の有資格者が増えています。

 

それでも看護師が病院に足りなくなっているのが現状です。

 

看護師と聞くと花がある様に感じます。でも実際は多忙で、夜勤業務があったり、患者様に対するリスク管理や自分自身に対しても感染などのリスク管理が必要で、常にストレスに苛まれる職業でもあります。

 

 

また、家庭や出産を機に離職する人が大変多いのもこの仕事の特徴です。

 

 

育児をしながら仕事の両立が非常に難しいと感じている人が大変多いのです。

 

 

以上の事から分かることは、離職した方がある機を境に再度復職できる環境作りが大変重要なのです。このことは医療業界としても重く受け止められており、託児所の設置や高収入、看護師一人当あたりの患者数の減少等、様々な対策を図っています。

 

 

 

ですから、現在は好条件を提示して、条件にあった所でやりがいを持って働ける環境が整いやすくなっています。

 

 

世界的にはどうなのか?

日本は少子化社会、高齢化社会となり、医療業界の多忙化、看護師不足が進んでいますが、世界はどうなのでしょうか?実際、世界規模で見ても看護師の不足が深刻化しているのです。

 

 

しかし、例えばアメリカでは日本に比べ給料が高く、福利厚生もしっかりしていますが、日本とは反対に教育や看護師育成の養成校の不足で上手く人材確保が進んでいない現状にあります。

 

 

中国では、あまりにも看護師不足が深刻で、入院中のトイレや入浴介助、移動の付き添いなどを全て家族負担になっている病院もあるようです。

 

 

日本もこのまま離職率が高まり、復職率が低い状態ですと、将来的にこういった事もありえるかもしれないのです。ぜひ好条件を提示して、働きやすい環境で業務をしてみませんか?

 

 

法改正による看護師負担の軽減

国自身も医師や看護師の不足は医療界にとって大きな問題だと受け止めています。

 

 

以前までは看護師一人あたり10人の患者が一般的でしたが、かなりの多忙さであったため、国は一人当たりの患者数を7人とすれば、より患者に寄り添った看護を提供できるので、診療報酬を少し上げてもいいですよ、といった診療報酬の改定がされました。

 

 

当然病院側も診療報酬の高い7:1の割合で看護をしようと看護師の募集枠を増やしているのですが、実際の復職率はあまり変わってはいないのです。

 

 

このことからも今の医療業界には看護師が欲しい施設や病院は多数あり、好条件で働けるところは数多くなっていることは分かると思います。

 

 

限られた時間でも好条件を提示して、少しでも自分の力を発揮してみてはいかがでしょうか?

 

排尿時の不快感

最近おしっこをする時に痛みが出るようになってしまいました。

 

今までも何回かこういったことはあったのですが、今回はなかなか痛みが引かずに1週間以上続いています。

 

よくよく考えてみると、少し前に友達と風俗にいったのでもしかしたらそこで病気をもらってしまったのかもしれません。友達は特に症状がないとのことですので、私は運が悪かったのでしょう。

 

 

 

今のところおしっこをするときに痛みが出るくらいで膿とかは出ませんが、それでも一日のうちに何回もトイレに行く際に憂鬱になってしまうので、病院へ行く決心をしました。

 

 

とはいっても病院に行くといった何科にかかればいいのでしょうか?

 

 

女性は産婦人科で良いとは思うのですが、男性の場合は内科や皮膚科なのでしょうか?

 

 

調べてみるとそのどちらも違いました。男性は泌尿器科で診察してもらえるみたいです。家の近くには小さな病院では泌尿器科はないみたいで、大きな病院でないと泌尿器科はなかったので、そこへ行こうと思っています。

 

 

 

この年で泌尿器科へ行くことには抵抗がありますが、このまま放置しておいて他の人に感染させてしまっては一大事ですよね。

 

 

性器だけの問題ならいいのですが、オーラルセックスなどによって口にも感染してしまうらしく、下手したら自分の喉にまで症状が広がってしまうかもしれませんし、症状が軽い今のうちに診察をしてしっかりと直しておこうと思います。

 

 

まさか自分が性病にかかったとは思いもしませんでした。ちゃんとコンドームはつけたのですが、オーラルセックスの時にはゴムも役に立ちませんもんね。これからは風俗に行く時にも気をつけたいと思います。

 

絶対に病気を貰わないようにするには・・・

性病が怖い、絶対に性病を貰いたくない、それは誰もが思う事ですよね、好きで性病を貰いたがる人なんていません。

 

では性病にならない為にはどうすれば良いのでしょう?コンドームを使用するのが一番ですが、装着の仕方を間違っていたら元も子もありません。

 

 

そして性行為中に敗れてしまえばゴムなしと一緒ですから、コンドームが100%安心だという保証はないのです。

 

 

結局性行為をしないのが間違いないのかもしれません。しかし男女の間でスキンシップをするために、愛を確かめ合う為に、セックスは欠かす事の出来ない行為なのです。まずは不特定多数の人間と肉体関係を持たない様にし、決まったパートナーとだけ関係を続ける様にしてほしいものです。

 

 

 

せっかく決まったパートナーがいるのに浮気ばかりしていると、結局性病がパートナーにうつり問題になります。果てに浮気がバレ、最悪別れる事になるのです。性病で浮気がバレて彼女に分かれを告げられた・・それで凹む男性、それだけで済めばまだ良いのかもしれません。

 

 

クラミジア感染症や性器ヘルペス、淋病、梅毒、トリコモナスなど性病の種類は様々ですが、早期に検査して治療すれば完治が見込めます。

 

 

しかしHIVに感染した場合、感染したまま一生を共にしないといけないのです。

 

 

エイズを発症しない様、薬を服用し続けて気を使い続けての生活を余儀なくされます。後悔しない様に性行為をしましょう。ちょっと注意事項です。

 

HIVウイルスはキスをしただけで感染するという噂も流れていますが、これは間違いです。

 

 

血液か性行為の感染が主ですので、変な情報に惑わされない様に正しい知識を身に付けて下さい。