医療看護師悩み

医療に関係する様々な情報を公開していきます!

護師の資格保有者は50万人にも上り、毎年1万人の有資格者が増えています。それでも看護師が病院に足りなくなっているのが現状です。看護師と聞くと花がある様に感じます。でも実際は多忙で、夜勤業務があったり、患者様に対するリスク管理や自分自身に対しても感染などのリスク管理が必要で、常にストレスに苛まれる職業でもあります。また、家庭や出産を機に離職する人が大変多いのもこの仕事の特徴です。育児をしながら仕事の両立が非常に難しいと感じている人が大変多いのです。以上の事から分かることは、離職した方がある機を境に再度復職できる環境作りが大変重要なのです。このことは医療業界としても重く受け止められており、託児所の設置や高収入、看護師一人当あたりの患者数の減少等、様々な対策を図っています。ですから、現在は好条件を提示して、条件にあった所でやりがいを持って働ける環境が整いやすくなっています。

 

 

世界的にはどうなのか?

日本は少子化社会、高齢化社会となり、医療業界の多忙化、看護師不足が進んでいますが、世界はどうなのでしょうか?実際、世界規模で見ても看護師の不足が深刻化しているのです。しかし、例えばアメリカでは日本に比べ給料が高く、福利厚生もしっかりしていますが、日本とは反対に教育や看護師育成の養成校の不足で上手く人材確保が進んでいない現状にあります。中国では、あまりにも看護師不足が深刻で、入院中のトイレや入浴介助、移動の付き添いなどを全て家族負担になっている病院もあるようです。日本もこのまま離職率が高まり、復職率が低い状態ですと、将来的にこういった事もありえるかもしれないのです。ぜひ好条件を提示して、働きやすい環境で業務をしてみませんか?

法改正による看護師負担の軽減

国自身も医師や看護師の不足は医療界にとって大きな問題だと受け止めています。以前までは看護師一人あたり10人の患者が一般的でしたが、かなりの多忙さであったため、国は一人当たりの患者数を7人とすれば、より患者に寄り添った看護を提供できるので、診療報酬を少し上げてもいいですよ、といった診療報酬の改定がされました。当然病院側も診療報酬の高い7:1の割合で看護をしようと看護師の募集枠を増やしているのですが、実際の復職率はあまり変わってはいないのです。このことからも今の医療業界には看護師が欲しい施設や病院は多数あり、好条件で働けるところは数多くなっていることは分かると思います。限られた時間でも好条件を提示して、少しでも自分の力を発揮してみてはいかがでしょうか?

 

看護師の優良求人検索ならコチラのサイトがおススメ!